1. HOME
  2. ブログ
  3. 店のロゴが出来る

店のロゴが出来る

こんにちは、茨木で焼き鳥屋をオープンするべく準備中の山根の弟の方です。

店名、鴨と鶏のロココのロゴが出来上がりました。

兄の書いたラフなスケッチをいい感じに仕上げてもらいました。

これからはこのロゴを旗印に兄と店づくりに勤しんでいく所存です。

ワンピースでいうとこの海賊旗みたいなもんでしょうか。

主人公のルフィが、この旗はお前なんかには折れない。と言い放ち、敵役のワポルからの大砲攻撃を真正面から受けとめ、折れた旗を掴みながら、ほらな、折れねー。の辺りのシーン格好良かったなー。

もしかして、店名やロゴもルフィが言ってみたいに、命をかけてかざすものなのでしょうか。

そうなのかも。

店で着る服はシャツに決めているのですが、いずれこのロゴを入れたTシャツとか作って、着ちゃったりするのかなー。

そんな事を想像しちゃいます。

ちょっぴり恥ずかしそう。

フロントにロゴを入れて、バックプリントでドカンと、まいど、おおきに。みたいなTシャツ。

作っちゃうのかなー。

夏は普段から着ちゃうのかなー。

働いてる店の店名入ってるTシャツって、自分の苗字が書いてる服着るみたいなこっぱずかしさがあるような。

ガツンとゼッケン縫いつけた体操服を大人になって着るような。

うわー、それきついなー。

36歳でそれは、赤白帽なしでもむっちゃ抵抗あるわー。

ルフィはオフの日に麦わらマークのTシャツとか着るのかなー。

尾田栄一郎先生はワンピースのロゴTシャツとか着て出かけたりするのかなー。

ん?

どこへ向かう思考回路?

これからは店名 = 新しい自分の苗字、

ロゴは表札くらいに思って生きていきたいです。

わいは鴨と鶏のロココやー!!

って、シャツもジャケットもボトムスも全身ロゴだらけで、どこへ出かけてもちっとも恥じないハートを持つ自分を目指して。

以上。

山根 弟