1. HOME
  2. ブログ
  3. 河内鴨を仕入れる

河内鴨を仕入れる

こんにちは、大阪府の茨木市で焼き鳥屋を始める準備中の山根の弟の方です。

今日はこだわりの食材、河内鴨をご紹介します。

兄が自分の店を始める事に決めた時から、ずっと使いたいと思っていた食材。

彼曰く、初めて食べた時に鴨の概念が変わるくらい美味しかったそうです。

鴨の概念が何かはわかりませんが凄そうでした。

河内鴨は関西に残る唯一の鴨専門店、松原市にあるツムラ本店で飼育されたブランド鴨です。

餌を初めとした飼育方にとことんこだわった鴨肉はとても人気が高い食材です。

兄が最初に取り扱いをお願いしに行った時には、契約まで半年待ちの状態でした。

今回、店をオープンするにあたって、取り扱いの許可をもらい、無事仕入れることができました。

初めてお店に伺った時は、茶髪でパンチパーマのご主人にかなりビビりましたが、とても優しい話し方をされていて、その中に職人の誇りのような気概が感じられ、こういう方と仕事ができるということが嬉しく感じました。

その日に精肉されたものを、刺身やたたきでお客様に提供したいという、兄の強いこだわりがあったので、毎日茨木市から松原市まで、僕が鴨を取りに行くことになりました。

僕が。

兄ではなく。

僕が。

あぁ、小学生の頃に兄の命令で近所の駄菓子屋にポテトチップスとか買いに行かされたなー。

行かなかったらめっちゃ理不尽にキレられたし。

それから二十数年経ち、車で片道1時間かけて鴨を買いに行かされることになりました。

子供時分には想像もつかない程にスケールアップしたパシリ。

まぁ、普段見せない兄の熱意に負けたので、なんとかしてあげたいと思います。

そして、鴨のロースのたたきを試食したら本当にめちゃおいしかったです。

鴨の概念変わってました。

皆さまもぜひ一度ご賞味くださいませ。

以上。

山根 弟